Home > 十勝のパワースポットを探そう! | 雑記 > 癒しの森

癒しの森

tuda-B

西帯広通りの大成川沿いにある『津田の森

津田とはこの緑地公園のもともとの所有者、津田禎次郎氏の名から付けられたものです。

明治時代にこの地に入植し、第一期伏古村(帯広市編入前)村議会議員や帯広町外四付組合議員などの公職を歴任し、地域産業の発展・教育の振興に貢献。特に水田起業に果たした功績は大きかったという・

詩文にも秀いでおり、自らを『涓涓洞』と号しており、晩成社の依田勉三、鈴木銃太郎、渡邉勝らとの交遊も深めていたそうです。

kenken

大正2年、日常生活の喧噪を離れるために母屋に接した“”はなれ『涓涓洞(けんけんどう)』を設けで風光を楽しんで悠々自適に過ごした。

後に涓涓洞と自然豊かな森は帯広市に譲渡され、市民憩いの森となっている。

住宅街に囲まれた森ではありますが、大自然の息吹は森の外まではみ出るがごとく豊かで、街の喧噪のなかにあるとは思えないほどですね。

tuda-A

生命にあふれた森の中は、木材チップの敷かれた散策路もホッとするほど柔らかく、心も癒されてくる。森の外を通過する車の音が潮騒にすら聞こえてきそうです。

路の中程に名前のわからないお地蔵様(?)が建てられており、涼と癒しに訪れる人たちのこころを和ませることでしょう。

tuda-C

もう少し季節が進むと虫除けが必要になるかもしれませんが、一層森らしい景色が楽しめるでしょう。

木漏れ日が降り注ぎ、新緑と春の野花にあふれる今もまた良い頃かと思います。


ブログランキングに参加しています!よろしければクリックしてくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道東情報へ
にほんブログ村

  1. まだコメントはありません。

  1. まだトラックバックはありません。

ホーム > 十勝のパワースポットを探そう! | 雑記 > 癒しの森

カレンダー
« 2019 年 3月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
タグクラウド
リンク

ページのトップへ戻る