[ログイン] 便利につかおう![新規会員登録] [パスワードを忘れた方へ]
掲載されているスポットは営業時間の変更や休業となる場合があります。イベントについては延期や中止となっている場合がありますのでご注意ください。

スポットを探す[たび]

カテゴリ
×
キーワード

オオカミの森

オオカミと間近に出会える場所
「オオカミの目を通して自然保護を」をテーマにした、自然学校(ネイチャースクール)を開催!欧米などでオオカミとシカは生態系の二大象徴、バランスの取れた自然のシンボルとされています。そのオオカミに対する理解を深め、「崩れつつある日本の生態系を、本来の姿に戻すことの大切さ」、「人と野生動物がどのように共存していくか」について参加者の方々と考えているのです。そのほかにも牧草地や森を散策できる乗馬トレッキングや、宿泊も可能!全て予約制となっておりますので事前にお問い合わせください。

  • 0
  • 0
  • 詳しく見る

シュワンベツダム湖

ニジマスの聖地!
虹別オートキャンプ場に隣接したシュワンベツダム湖。西別岳の麓で湧き上がる摩周湖の伏流水が水源で、上流部では上質の水が流れます。オートキャンプ場ができる以前から釣り場として知られており、フィッシャーマン憧れの河川として今でもニジマスの生息する人気の釣場。夏から秋にかけては大物のニジマスが釣れることでも有名です。

  • 0
  • 0
  • 詳しく見る

西別岳

標茶町の最高峰。登山にはぴったり!
年間2万〜3万人の登山者でにぎわう、標高800メートルほどの初心者向けの山です。登山道の途中には通称「がまん坂」と呼ばれる急斜面の坂がありますが、そこを超えた先の花畑に生える高山植物が大きな魅力。また天気のいい日には、防風林で囲まれた北海道らしい広大な牧草地が眼下に広がります。山頂からは青く輝く摩周湖や雄阿寒岳、雌阿寒岳、知床の山々から国後島などが一望。摩周岳へとつながる分岐ルートも、人気の1つです。

  • 0
  • 0
  • 詳しく見る

標茶町育成牧場

広大な敷地と豊かな自然が織り成す風景が自慢の町営牧場。
標茶町育成牧場は、総面積2,128haもの広さを有する日本最大の町営牧場。生後6ヶ月以上の雌牛を預かり、14〜15ヶ月まで放牧により飼育しています。また、14ヶ月以上の牛に人工授精を施し、妊娠・出産により乳用牛へ育成する事業も行っています。見渡す限り広がる豊かな自然は、四季折々の変化が楽しい北海道ならではの眺望。牧場内には360°の大パノラマを体感できる多和平展望台があり、知床や阿寒などの山々も一望できます。牛のほか、羊や馬などが放牧されているのどかな風景を見学することも可能です。

  • 0
  • 0
  • 詳しく見る

多和平展望台

360度のパノラマ風景が楽しめます。
標高195メートルから、地平線を360度見渡せる北海道らしい雄大な眺めの展望台。1279ヘクタールの傾斜放牧地と、404ヘクタールの採草地をもつ日本一の広さの町営牧場(標茶町育成牧場)の中に位置しています。牧場内には牛が数千頭、サフォーク種の羊が数百頭放牧されている、雄大で牧歌的な風景。展望台からは遠く知床、阿寒などの山々も一望することができます。

  • 0
  • 0
  • 詳しく見る

シラルトロ湖キャンプ場

湖が目の前に広がるキャンプ場
シラルトロ湖が目の前に広がる、釧路湿原国立公園内のキャンプ場。テント専用サイトの中には初心者専用の区画サイトがあるのに加え、温泉施設「憩の家かや沼」が隣接しているためビギナーの方にも安心です。ほかにもシラルトロ湖の生態系を紹介しているミニビジターセンターや、釧路湿原へと続くシラルトロ歩道など見どころが多く、ゆっくりと自然を楽しむことができます。周辺には野生動物が多く生息しており、動物観察をしながら自然とふれあえます。

  • 0
  • 0
  • 詳しく見る

藤花温泉ホテル

JR標茶駅から徒歩5分、良質で格安の温泉宿!
標茶町唯一のビジネスホテルで、JR標茶駅にほど近い好立地!リーズナブルな価格で、素泊まりから2食付きまで用途に合わせて選ぶことができます。温泉は北海道遺産にも選定された源泉100%の「モール温泉」!お肌がツルツルになる美肌の湯として有名で、ほかにも神経痛や筋肉痛、疲労回復など多くの効能があります。もちろん日帰り入浴もOK。フロントでお買い求めいただける標茶町の特産牛肉を使用した「星空の黒牛」カレーは、藤花温泉ホテルの特製手作り!ぜひ一度ご賞味ください。

  • 0
  • 0
  • 詳しく見る

塘路エコミュージアム センター「あるこっと」

釧路湿原を詳しく知るならココ!
塘路湖の南岸に設置された施設です。管内展示ゾーンの解説パネルは、湿原に立つ「ハンノキ」の木立をイメージ!湿原の生命の源である水をテーマに、様々な形に変化しながら湿原を流れる水の様子、釧路湿原の多様性に富んだ自然や動植物の姿などを紹介しています。また釧路湿原の水中の世界や湿原の構造などを、リアルに再現したジオラマや映像を見ることも可能です。そのほかにもエントランスゾーン、レクチャールーム、体験・展望ゾーンなど様々な場所で、釧路湿原や塘路湖について学ぶことができます。

  • 0
  • 0
  • 詳しく見る

サルルン展望台

鉄道ファンに人気のダイナミックな展望台!
展望台からはサルルントーと呼ばれる沼が目の前に広がり、ポントー、エオルトー、塘路湖、釧路湿原などが一望できます。湿原を雄大に走るノロッコ号や、SL冬の湿原号が運行する風景を撮影するのにも最適なポイント!展望台へ向かう道中はエゾシカやエゾリスなどの小動物に出会うことも多く、キジムシロの花など木道を楽しみながら散策をすることができます。

  • 0
  • 0
  • 詳しく見る

JR塘路駅

釧路湿原を間近に感じる駅
JR塘路駅は、標茶町塘路地区にある無人駅。釧路-塘路間で運行される臨時列車「くしろ湿原ノロッコ号」の終着駅で、ノロッコ号の停車時間中は大勢の観光客で賑わいます。塘路湖の近くに位置することから、タンチョウやアオサギ、オジロワシなどの貴重な鳥類が垣間見られることでも有名。宿舎の中には喫茶&カフェコーナー「ノロッコ&8001」が併設されており、電車乗り継ぎの待ち時間のご休憩にもぴったりです!

  • 0
  • 0
  • 詳しく見る
  • Kitta特設ページ

地図から探す

ようこそゲストさん

このサービスをご利用になるにはログインする必要があります。

会員登録されている方はログインして下さい。

会員登録されていない方は新規会員登録(無料)を行って下さい。