[ログイン] 便利につかおう![新規会員登録] [パスワードを忘れた方へ]
掲載されているスポットは営業時間の変更や休業となる場合があります。イベントについては延期や中止となっている場合がありますのでご注意ください。

スポットを探す[観光,イベント,旅行,ドライブ]

大鵬相撲記念館

不滅の名横綱大鵬の栄光と軌跡を残した記念館。館内に展示された貴重な資料が当時を思い出させます。
不滅の名横綱とたたえられる第48代横綱大鵬が少年時代を過ごし、大きな夢を育てた郷里として知られている弟子屈町川湯温泉。 相撲史上に数々の金字塔を打ち立てた大鵬の偉業を後世に伝える館内には、全ての優勝額や化粧回し、少年時代からの写真の他、歴代横綱の写真などがびっしり。 特に名勝負・名場面の映画は迫力たっぷりで一見の価値ありです。

  • 0
  • 0
  • 詳しく見る

野上峠

弟子屈町と網走管内小清水町を繋ぐ幹線道路。自然に囲まれた峠らしい景色が広がる道です。
国道391号の網走管内小清水町との境界をなす標高326mの地点にある峠。比較的低地に位置する峠のため、美幌峠や藻琴峠、津別峠などの広大な屈斜路湖を見下ろす峠に対し、煙を噴く硫黄山やその周辺の山々が主役となっています。 明治23年に囚人たちによりわずか3ヶ月で開通したと言われる歴史ある道路です。

  • 0
  • 0
  • 詳しく見る

ボッケ

別名”第2硫黄山”。噴気口としては硫黄山より古く、冬でも雪が積らない地帯です
”ボッケ”とは地下水や雨水が集まるような低い場所にある泥火山と呼ばれる噴気口です。今の硫黄山が出来る前に活動していた火山の火口部分と考えられ、ボコボコと音をたてる”ボッケ”が数カ所にあります。 キンムトー(沼湯)から北側へ200mほど離れた場所で噴気活動を見ることができます。地熱が高く雪が積らないため、コオロギの仲間のマダラスズが一年中鳴いています。

  • 1
  • 0
  • 詳しく見る

900草原

弟子屈町を真下に見下ろすことができる小高い丘に広がる大草原。北海道らしい風景を一望できます。
本来は町営牧場として使われており、見渡す限り広がる緑の絨毯に2300頭あまりの乳牛たちがのどかに暮らしています。 摩周岳や硫黄山・藻琴山、天気が良ければ雄阿寒岳や雌阿寒岳までも楽しむことができ、広大な草原とともに北海道らしい風景が広がる場所として観光客から人気を集めています。 展望館やレストハウス、パークゴルフ場、散策路なども完備されており、雄大な自然と大地を感じることができます。

  • 1
  • 1
  • 詳しく見る

摩周湖

美しさと魅惑の湖。不純物がほとんど無く世界一級を誇るその透明度は”地上に残された最後の領域”と呼ばれています。
世界一級の透明度を誇るカルデラ湖。刻々として変わる湖面の変化が訪れる人々を魅了し、多くの時間を霧が包み込むことから「霧の摩周湖」として有名です。 不純物をほとんど含まない聖なる水を溜め込み、まるで藍を流したかのような独特の深い青は「摩周ブルー」と呼ばれています。 その素晴しい自然を保護するため、国立公園の中でも特別保護地区に指定され、人の侵入を拒み続けるこの湖の美しさ、険しさ、神秘さは、今なお多くの人々を魅了し続けます。

  • 1
  • 2
  • 詳しく見る

摩周第一展望台

摩周湖に位置する展望台の中でもっともポピュラーな展望台。レストハウスもあって観光に最適です。
正面にヨーロッパの古城のようなカムイヌプリ(摩周岳)、神秘の湖のえくぼカムイシュ(中島)、遠く聳える斜里岳など、豊かな自然が生み出した神秘を十分に味わうことができます。 背面には約50万haの広大な根釧台地が広がります。その眺めは希少価値の高い北海道ならではの景観として、人気を集めています。

  • 0
  • 0
  • 詳しく見る

摩周第三展望台

正面のカムイヌプリは険しい男性的な顔になり、カムイシュは間近に望め、世界一の美しい水は絶壁の樹木を映して変化します。
摩周第一展望台と第三展望台とでは摩周湖の水の色も姿も一変します。背景は硫黄山、藻琴山、屈斜路湖をはじめ、日本一の屈斜路カルデラを一望にし、ダケカンバなど高山性の樹木が強い季節風に耐えてたくましく林立しています。 摩周湖の七色の変化も本物の美しさも味わうことができる、観光スポットです。

  • 1
  • 0
  • 詳しく見る

裏摩周展望台

清里町と中標津町の町境に位置した展望台。神秘的な摩周湖の眺望は胸を打つ素晴らしさ。
第一、第三展望台の反対側に位置することから「裏摩周展望台」と呼ばれており、この2つの展望台と比べると、比較的霧の発生が少なく、その姿を間近に見ることができます。 展望台は養老牛温泉から車で20分ほどの場所にあり、どこから見ても美しい摩周湖の素晴らしさを体感できます。

  • 0
  • 0
  • 詳しく見る

アイヌ民族資料館

アイヌの人々の暮らしや文化を今に伝える施設。館内には450点にも及ぶ貴重な資料が展示されています。
はるか昔、アイヌの人々が暮らしていたと言われる屈斜路湖畔のコタンに建つ前衛的な外観の建物。釧路市立博物館や湿原展望台の設計で日本建築学会賞を受賞した、釧路市出身の建築家毛綱毅曠氏の設計で建てられました。 ユーカラの森・コタンの大地・コタンの移り変わり・山野を駆ける・コタンを支える人々の5つのテーマからなる展示室では、マルチスコープの上映も実施しており、アイヌの人々について学ぶことができます。

  • 0
  • 0
  • 詳しく見る

キンムトー

硫黄山の南側に広がる薄暗いまでの原始林の中、人目を避けるかのようにひっそりとたたずむ静寂の場所。
雨水や雪解け水がたまできた沼で、総面積4.17ha・最深部は約6.5m。昔は周囲に数カ所温泉が湧き出ていましたが、現在はわずかにわき水が出ている程度で温泉は止まっています。沼とその周辺は静寂に包まれ、鳥の声、エゾシカの足跡なども多く動物たちの憩いの場となっているほか、トンボなど昆虫たちがたくさん生息しています。キンムトーへは川湯エコ・ミュージアムセンターから散策路が整備されています。多くの野生生物が生息しており鳥が羽を休め訪れた人々の目を楽しませます。※なおヒグマやハチに注意して散策してください

  • 0
  • 0
  • 詳しく見る
  • Kitta特設ページ

地図から探す

ようこそゲストさん

このサービスをご利用になるにはログインする必要があります。

会員登録されている方はログインして下さい。

会員登録されていない方は新規会員登録(無料)を行って下さい。