第53回おびひろ菊まつり

第53回おびひろ菊まつり

開催日時
2022年10月29日(土)〜 11月2日(水)
会場
とかちプラザ
北海道帯広市西4条南13丁目1
主催
帯広のまつり推進委員会

ご来場者への3つのお願い

会場図

会場案内

とかちプラザ 
北海道帯広市西4条南13丁目1

会場図とかちプラザ1F

イベントスケジュール

10/29(土)

10:00〜10:40

開会式

  • 主催者(市長)挨拶
  • テープカット
  • 菊花展表彰式
  • オープニングコラボレーションパフォーマンス
    • 書・・・赤間裕堂さん、石原伸弥さん
    • オーボエ・・・根元千香子さん
    • ピアノ・・・東海林加奈さん

オープニングコラボレーションパフォーマンス

14:00〜17:00(予定)

アトリウムイベント

高校生書道パフォーマンス

高校生書道パフォーマンス

  • 帯広柏葉高等学校
  • 帯広三条高等学校
  • 帯広南商業高等学校
  • 帯広北高等学校

パフォーマンスに参加できなかった帯広緑陽高等学校、帯広大谷高等学校は、2階回廊に作品を展示いたします。

10/30(日)

アトリウムコンサート

10:00〜10:30 香美花トリオ
  • ピアノ・・・高畠由香さん
  • フルート・・・赤部里美さん
  • クラリネット・・・廣嶋如花さん
11:00〜11:30 書道展表彰式
12:00〜12:30 石黒会Muじょんキッズ
13:00〜13:40 何ン田研二モノマネショー
14:30〜15:00 女声合唱団フライデーコーラス

アトリウムコンサート

10/31(月)

アトリウムコンサート・イベント

10:00〜11:00 ぬまっちの健康体操
11:30〜12:00 grazie95(グラッチェ95)
  • フルート…高橋哲夫さん
  • ギター…加藤茂樹さん、中村吉昭さん
13:30〜14:00 津軽三味線演奏 正野崎よしみさん
14:30〜15:00 山茶花琴の会演奏

アトリウムコンサート・イベント

11/1(火)

アトリウムイベント

11:30〜12:30 パフォーマーRUIの大道芸
14:00〜15:00 でんぞうちゃんの○×クイズ

アトリウムイベント

11/2(水)

アトリウムコンサート

10:30〜11:30 春日ゆうじ歌謡ショー
13:00〜13:40 クロージングコンサート
  • 和光憂人さん
  • 長尾崇仁さん

アトリウムコンサート

総合花壇の規模は従来の3倍

「第53回おびひろ菊まつり」(帯広のまつり推進委員会主催、帯広菊花同好会共催)が29日から5日間の日程で、帯広市内のとかちプラザで開かれます。今年は過去最大の総合花壇がアトリウムに登場。菊ファンだけではなく、多くの一般市民が楽しめるイベントとして開催されます。帯広菊花同好会の髙井信夫会長に祭りへ向けた意気込み、菊花への思いを聞きました。

髙井信夫会長
帯広菊花同好会
髙井信夫会長

Q髙井さんが菊花に興味を持ち始めたのはいつ、どんなきっかけだったのでしょうか。

私は上士幌町で生まれ育ちました。中学の時に札幌で菊祭りを見て、「すごいなあ」「こんな花が世の中にあるんだ」と仰天しました。それから菊花に強い興味を持ち始め、育てるようになりました。

菊花を育てるのは奥が深い

Q菊花を育てることの喜び、楽しいところは。

楽しいことなどありません。苦悩の連続です。菊は毎日見て状態を観察し、適切な処置をしてやらなければならない植物です。1日でも手を抜けば、おかしくなってしまい、取り返しがつかなくなることも多々あります。害虫や病気は早期に発見しなければ、どんどんはびこってきます。なので、なかなか一般の人はうまく育てられずに諦めてしまう方が多いです。それだけ奥が深い趣味です。

Qさて、今回の菊祭りですが、総合花壇について説明してください。

一般の帯広市民にはあまり知られていませんが、総合花壇を作る菊祭りは道内ではありません。もしかして国内でもかなり珍しいと思います。まして、これまでの総合花壇は600~700鉢で制作していましたが、今回はその3倍以上の2200鉢を使って、かなり大掛かりに作ります。これだけの規模の総合花壇はおそらく国内では初めてでしょう。これを見た多くの市民が驚嘆すると確信しています。

開拓の歴史をイメージした巨大な花の絨毯

Qどのような花壇になるのですか。

今年は依田勉三がやってきて開拓を始めてから140年、川西と大正地区と合併し市制が施行されて90年の節目の年。祭りのテーマは「未来へ紡ぐ菊の絨毯(じゅうたん)」です。テーマに沿って、十勝の大地、開拓地をイメージしたデザインの図柄を考えました。上(2階)から俯瞰して見ると良く分かるように作ります。かなり壮観な景色が見られると思います。作る私が言うのも何ですが、自分でも実際に見るとどんな風に見えるのか、楽しみで仕方がありません。

Q菊花同好会の現状はどうなのですか。

御多分に漏れず、会員の減少、高齢化が進んでいます。やはり菊は難しいので、なかなか入会しても定着してくれません。何度か失敗して諦め、退会してしまう方も多かったです。温度管理や種類に応じた育て方、薬の希釈や与える頻度、タイミングなど、経験を積めば徐々にわかってきます。わかってくれば思うように菊は育ってくれます。思い描いた通りに育てることができれば、この上ない喜びに変わります。奥が深いので一朝一夕にとはいきませんが、その分、成し遂げたときの喜びは大きい。素晴らしい趣味だと思っています。会場で興味を持った方は、ぜひ声をかけてください。

3世代でパワーアップした祭りを楽しんで

Q最後に市民へ来場の呼びかけをお願いします。

今年の菊祭りは総合花壇のほか、菊花展や菊苗の販売、姉妹都市の特産物の販売、書道展や書道のイベント、音楽イベント、大道芸などなど、内容が盛りだくさんです。帯広の「三大祭り」の名にふさわしく、老若男女3世代が楽しめる祭りです。ぜひパワーアップした祭りに足を運んでいただきたいと願っております。